スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツのテレビ局 

ドイツではRTLという放送局がF1を放送しているのだが、シューマッハの引退後視聴率獲得に苦労するかもしれないと憂慮しているようだ。

管理人はドイツにしばらく住んでいたことがあり、いつもお世話になっていたのだが、この番組は実にいい作りをしているのだ。

土曜日の午前中、フリー走行から生放送をしているしコメンテーターは元チャンピオンのニキ・ラウダ(彼はオーストリア人だが)。
じつにしっかりした解説でとてもおもしろいのだ。一方でレースの見所や注目点、またマシンの空力の分析(ウィリアムズのアリクイ・ノーズなど)まで簡単でわかりやすいVTRを用意して放送している。やはりヨーロッパでF1文化が根付いているということを感じさせる番組だ。

シューマッハの引退の影響で、若干の苦労はあることだろうがドイツのF1ファンも多いので心配はないのではないだろうか。

フジテレビも初心者を開拓していくという姿勢はわかるが、ナショナリズムをあおるように日本、日本と連呼せずにF1の面白さが伝わる放送になるようがんばってもらいたいものだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト
[ 2006/10/26 23:05 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/72-81c7e72a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。