スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラジルCP 決勝~シューマッハのラストレース 

フェラーリチームは2006年のドライバーズ、コンストラクターズの両チャンピオンシップの獲得はならなかったものの、フェリペ・マッサがアイルトン・セナ以来13年ぶりとなるブラジル人ドライバーの母国での勝利を飾った。

このレースを最後に引退するミハエル・シューマッハは予選のトラブルのため10位スタート。マシンは時々なにかおかしい様子ながらもこの日最速といってよかったのではないだろうか。が、9週目フィジケラをパスした際に左リアタイヤをパンク。これで優勝は絶望的になった。
ピットでのタイヤ交換の間に最後尾まで順位を下げてしまうが、その後この偉大なドライバーの走りは特筆に価する。終盤には来期のフェラーリドライバー、キミ・ライコネンをかわし4位へ。優勝、表彰台には届かなかったが、すばらしい走りを見せてくれた。

お疲れ様、ミハエル。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2006/10/23 10:16 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/63-e07e3e9f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。