スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨーロッパGP 決勝 

日曜日午後、ドイツのニュルブクリンク・サーキットでF1ヨーロッパGPが開催された。シューマッハ引退がはじめてのドイツでのレースとなったが、多くのファンがつめかけ熱いレースが繰り広げられた。

大波乱のレースに勝利したのはマクラーレンのアロンソ。2位にはフェラーリのマッサ。
スタート直後いきなりすさまじい雨が降り始める、多くのマシンがハイドロ・プレーニング現象を起こしコースアウトしていく。ここまで9戦連続表彰台に立っていたスーパールーキーのハミルトンも雨の餌食となり、上位進出のチャンスを失ってしまった。

雨が上がった後はセーフティーカー先導で再開、この時点でマッサーアロンソーライコネンの順。フェラーリはドライ路面ではとても早く、マッサはアロンソを引き離し、ライコネンはアロンソにじりじりと迫ってくる。フェラーリの1.2フィニッシュも可能かと思われた35週目に、ライコネンの車が止まってしまう。油圧系のトラブルでギアがシフトしなくなったことが原因だとのことだ。
現在、チャンピオンシップトップであるハミルトンがポイント圏外でのフィニッシュとなったため、大きなチャンスとなったこのレースだが、手痛いリタイヤとなってしまった。
フェラーリは両チャンピオンシップで獲得に向けて信頼性の確保が最重要課題となりそうだ、速さではマクラーレンを圧倒していても乾燥できなければポイントは獲得不可能、今回の原因も速く究明してほしいものだ。

終盤、マッサーアロンソの順で決着かと思っていたが、再び土砂降りの雨。雨用タイヤに履き替えたアロンソは本当に速かった。それまでトップを快走していたマッサに軽く接触しながらもオーヴァーテイク、正にレースの醍醐味をみせてくれた面白いレースだった。

レース終了後、アロンソとマッサが言い合う場面も。あれだけ激しいバトルを繰り広げたわけだから、それぞれに思うところがあることだろう。なにやら因縁がまた一つできたような終わり方だった。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト
[ 2007/07/23 23:46 ] F1ニュース | TB(0) | CM(2)

優勝してほしかった...

シューマッハも好きなんですが

居ると勝てないのはやっぱり?

ジンクスなんでしょうか?…
[ 2007/07/24 22:38 ] [ 編集 ]

そうですね、トラブルがなければ勝利のチャンスもあったのではないかと思います。本人もマシンがとてもよかったといっていますし・・・なによりもハミルトンがノーポイントという大チャンスに1ポイントもとれないことが痛かったですね、はあ~とため息をついてしまいました。
あきらめずにまだまだ応援していきましょう
[ 2007/07/25 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/371-e112d13c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。