スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イギリスGP 

伝統の一戦、F1イギリスGP。
勝ったのはフェラーリのキミ・ライコネン、フランスGPに続いて2週連続での勝利となった。
母国勝利が期待されたマクラーレンのルイス・ハミルトンは3位表彰台。残念ながら勝利には届かなかったものの、9戦連続の表彰台フィニッシュで、なおもドライバーズ・ランキングで首位を走っている。
2位には同じくマクラーレンのアロンソ。

スタートから4番手のマッサがスタートできない波乱含みで始まったレースだが、タイヤの使い方や燃料搭載の差などで様々な戦略が垣間見えて面白いレースだった。また後方からの追い上げとなってしまったフェラーリのマッサは果敢なオーヴァーテイクを見せてくれてレースの楽しさ感じさせてくれた。

ハミルトンの独走になってしまうのではないかと思われていたチャンピオンシップも熾烈さを増してきている。現在のポイントランキングは以下の通り

<ドライバーズ>
1 L.ハミルトン 70
2 F.アロンソ 58
3 K.ライッコネン 52
4 F.マッサ 51
5 N.ハイドフェルド 33

<コンストラクターズ>
1 マクラーレン・メルセデス 128
2 フェラーリ 103
3 BMWザウバー 56
4 ルノー 31
5 ウィリアムズ 13

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2007/07/09 20:07 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/366-1b6bac95







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。