スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルノー、タイヤを使いきれていない 

昨年のチャンピオンチームであるルノーが今ひとつピリッとしていない。
ルノーのエンジニアリングディレクター、パット・シモンズによると、ルノーの今年の冬のテストは順調であり、クルマのロングランのペースは非常に安定しているものの、R27は1周のアタックラップに関してはまだブリヂストンタイヤの性能を出し切れていないということである。

「まだオーストラリアGPは始まっていないし、我々もまだすべてを学んではいないということだ。タイヤの摩耗についていえば、いいところまで来ていると思う。しかし、1周目からタイヤの性能を引き出すコツがまだつかめていないんだ。
この問題を解決するには、本当はたくさんの新品タイヤをつぎ込めるのが理想的なのだが、今年のテスト用タイヤの割り当てではそれはできないんだ。
タイヤサプライヤーが代わった場合、これは避けて通れない過程であり、我々はこの問題をブリヂストンと話し合いながら解決しようとしているところだよ」

と語るシモンズ、やはりアロンソという絶対的エースが抜けた穴は大きいのだろうか。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト
[ 2007/02/19 09:06 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/322-3930f176







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。