スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェラーリ、来期ドライバーは同等に扱う 

今秋、新しくフェラーリのスポーティングディレクターに就任したステファノ・ドメニカリは、来シーズン、条件付きではあるものの、チームがドライバーを平等に扱うという方針を明らかにしている。

ミハエル・シューマッハがいた時代とは違い、来年初めからは、高年俸のドライバー(来期はもちろんライコネンだが)がチームのナンバー1ではなくなるという、フェラーリにとっては近年まれな状況が生まれるようだ。

さらに、フェリペ・マッサは新しいチームメイトとなるキミ・ライコネンの“ナンバー2”になるつもりはないと主張している。

ドメニカリは、「両ドライバーは同じマシンを与えられ、同等のサポートを受けることになる。少なくとも開幕当初はね」とコメント。

前半戦の成績しだいでその後チームのサポートにも変化がありそう、来期フェラーリはタイトル獲得を至上命題として臨むようだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2006/12/28 12:53 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/245-7b776863







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。