スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デラロサ、マクラーレンに苦言を呈す 

ルイス・ハミルトンとマクラーレン・メルセデスのセカンドシートを争っていたペドロ・デラロサ。結局マクラーレンはハミルトンのレギュラードライバー就任を発表したためデラロサはテストドライバーとして残留することになっている。

そのデラロサだが、マクラーレンの体制について苦言を呈している。
「安定性がかなり重要だと思うんだ。何かしらの変更は時に最悪の事態を招く。例えば、2004年にウィリアムズがラルフ・シューマッハとファン-パブロ・モントーヤの2人を同時に失った時を思い起こしてほしい、あれは悲惨だったと思うよ」

マクラーレンとしては本当に珍しく、来期は2人とも新しいドライバーで戦うことになる。確かにデラロサのコメントに同感だが、アロンソ移籍が決定したためスペイン人2人のドライバーコンビというのはありえないのではないかなと管理人は思っていたのだが。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト
[ 2006/12/04 08:42 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/176-1719269f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。