スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イギリスGP、イギリス人ドライバーの増加で売れ行き好調 

GP数削減の話が出るといつも話題に上るシルバーストーンで行われているイギリスGPだが、今年は観客増が見込めそうだ。

というのもルイス・ハミルトン(マクラーレン)、アンソニー・デヴィットソン(スーパーアグリ)の2人が新たに2007年に参戦するため、現在の2人のドライバー、ジェンソン・バトン(ホンダ)、デヴィット・クルサード(レッドブル)と合わせて4人になることが、チケットの売り上げに大きく貢献しているようだ。

特に注目が集まっているのがマクラーレンからデビューするルイス・ハミルトンだ。トップチームからのデビュー、アロンソのチームメートと何かと話題が豊富なわけだが、なかでも黒人出身のドライバーということでメディアの注目も高い。早くもF1界のタイガー・ウッズという声も聞かれているよう、今年のイギリスGPは熱いレースになりそうだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2006/12/03 08:43 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/174-455a743c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。