スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハミルトン、マクラーレンのドライバーに決定 

多くのファンがヤキモキしていたマクラーレンのドライバーにルイス・ハミルトンが決定した。ハミルトンはルノーから移籍してくる王者アロンソとコンビを組むこととなる。

ハミルトンは11歳のときからロン・デニスからサポートを受けており、壮大な育成計画が一つの結晶となった瞬間といえるだろう。もちろん今後はアロンソと比較されるわけで、ハミルトンの実力を見せてもらうのを今から楽しみにしている。

ルイス・ハミルトン
「まったく夢みたいだ。マクラーレンからF1に出場するのが、小さいころから僕の最終目標だったんだ。今年は僕にとって最高の1年だったけど、こんな機会を与えられて、これ以上ない締めくくりとなったね。僕はマクラーレンとメルセデスと共にドライバーとして成長した。彼らの、長年にわたる後押しと指導がなければ、今の僕もなかったと思う。とはいえ、これから大きな挑戦が待ち受けているのはヒシヒシと感じているし、それなりの注目を浴びるのも仕方ない。チームからは、とにかく落ち着いて、ベストを尽くし、逆にこの状況を楽しめと言われているんだ。いい成績を上げるため、努力するつもりだ」

ロン・デニス代表
「1998年以来、ルイスは私たちの長期計画の核をなす存在だ。新たな一歩を踏み出し、F1レースドライバーになる手助けができてうれしい。今年、ペドロ(デ・ラ・ロサ)は素晴らしい仕事をしてくれたが、そろそろルイスにチャンスをやる時が来たかなと思ったんだ。ルイスのレースキャリアにおいて、間違いなくこれまで最大のチャレンジになるだろうが、彼はそれに応えてくれると信じている。F1レースドライバーとしてパドックに足を踏み入れた瞬間から、ルイスはグランプリのプレッシャーに立ち向かわなければならない。しかし、彼の能力と才能を考えれば、今回のチャンスを与えるのは当然じゃないか」

ノベルト・ハウグ メルセデス副社長
「ルイスは、2005年のユーロF3と今年のGP2で2年連続タイトルを獲得して、持てる才能をみごとに証明した。マクラーレンならびにメルセデスベンツとしては、過去9年にわたってルイスをサポートしてきた。思えば9年前にカートを始めたころ、彼は今の半分ぐらいの背丈しかなかったんだ。F1グリッドで他の21人のドライバーに比べると経験はないかも知れないが、その分これから集中的にテストを重ね、初めてのシーズンに備えてもらう。彼のように才能豊かなドライバーがチャンスを得るのは当然だし、私としても、とてもうれしい」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2006/11/24 23:25 ] F1ニュース | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raikkonen1iceman.blog77.fc2.com/tb.php/148-8b6deea9


F1 マクラーレンの残りシートはハミルトン。デ・ラ・ロサは来季もリザーブ

■今年のワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが移籍するマクラーレン・メルセデス。アロンソのNo1カーに続くNo2のシートに誰が座るか注目されていたが、ルイス・ハミルトンのマクラーレン入りが発表され、レギュラードライバーとなることになった。都合、ペド
[2006/11/25 01:06] URL ニュースの海





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。