スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モンツァテスト3日目 

3日目となったこの日も、最速タイムをマークしたのはマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。2位には好調のBMWがつけている。

フェラーリは前日のライコネンからマッサにドライバーが交代しテストを続けているが、4番手といまいちしっくりしていない様子だ。

1 F.アロンソ McLaren Mercedes 1'23.490
2 R.クビサ BMW Sauber 1'24.413
3 D.クルサード RedBull Renault 1'24.453
4 F.マッサ Ferrari 1'24.525
5 V.リウッツィ Toro Rosso Ferrari 1'24.768
6 J.バトン Honda 1'24.918
7 N.ロズベルグ Williams Toyota 1'24.983
8 G.フィジケーラ Renault 1'25.059
9 R.シューマッハ GER Toyota 1'26.175
10 山本 左近 Spyker Ferrari 1'26.384
11 A.デビッドソン SuperAguri Honda 1'35.106

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2007/08/31 12:21 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

スペシャル対談 佐藤琢磨×木村拓哉  その2 



佐藤琢磨と木村拓哉の対談第2弾。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/08/30 23:50 ] F1動画 | TB(0) | CM(0)

スペシャル対談 佐藤琢磨×木村拓哉 



F1ファンならだれでもあこがれるモナコで、佐藤琢磨と木村拓哉の対談。中々普段聞けないような話もあって興味深い。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/08/30 23:47 ] F1動画 | TB(1) | CM(0)

モンツァテスト2日目 

次戦イタリアGPの舞台ともなるモンツァでおこなわれている、合同テスト2日目。マクラーレン勢が最速タイムを記録し、好調ぶりをアピールしている。午前中はハミルトン、午後はアロンソがテストを担当したとのことだが、2人そろって1-2タイムを記録している。
一方フェラーリのテストを担当したライコネンは5番手。テスト内容は各チーム異なるとはいえ、チャンピオンシップを争う上で重要なGPとなるだけに、気にかかるところだ。

1 F.アロンソ McLaren Mercedes 1'23.155
2 L.ハミルトン McLaren Mercedes 1'23.454
3 N.ハイドフェルド BMW Sauber 1'23.725
4 J.トゥルーリ Toyota 1'23.759
5 K.ライコネン Ferrari 1'23.773
6 H.コバライネン Renault 1'23.773
7 S.ベッテル Toro Rosso Ferrari 1'24.266
8 A.ブルツ Williams Toyota 1'24.356
9 C.クリエン Honda 1'24.595
10 M.ウェバー RedBull Renault 1'24.701
11 佐藤 琢磨 SuperAguri Honda 1'24.976
12 A.スーティル Spyker Ferrari 1'25.278


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/08/30 20:12 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

トルコGP 決勝後、ライコネンのコメント 

キミ・ライコネン

「もちろん優勝したかったけど、おそらくレースは昨日の午後の予選セッションで決まってしまったね。最大のライバルがチームメイトだと、未知の要素は少ないし、何かを思いつく余地だって少ないものだ。けれど、重要なことはフェラーリ2台がほかの誰よりも前にいることだし、僕たちがチャンピオンシップでトップとの差を詰めることができたってことだ。僕はいいスタートを切って、その後はちょっとアンダーステアになったけど、数周後には解消した。2セット目のタイヤは1セット目ほど機能していなかったね。終盤のファステストラップのことかい? レースの間中ずっとほかのマシンの後ろで過ごすことに、ちょっと飽きてしまってね。それで自分が本当はどのくらい速く走れるはずだったのか試してみたんだ。モンツァではレースに向けてできる限り最高の状況にするために、いい予選にしなければいけないね。」

と優勝できるマシンがありながら、昨日の予選のミスに泣かされた格好。次戦のイタリア、ベルギーでの連勝に期待。チャンピオンシップを一気に巻き返してほしいものだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/08/27 10:38 ] F1ニュース | TB(0) | CM(1)

トルコGP 終了時のポイントランキング 

ドライバーズポイント・ランキング

1 L.ハミルトン McLaren Mercedes 84
2 F.アロンソ McLaren Mercedes 79
3 F.マッサ Ferrari 69
4 K.ライコネン Ferrari 68
5 N.ハイドフェルド BMW Sauber 47
6 R.クビサ BMW Sauber 29

コンストラクターズ・ランキング

1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス メルセデス 148
2 スクーデリア・フェラーリ・マルボロ フェラーリ 137
3 BMW・ザウバーF1チーム BMW 77

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/08/26 22:54 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

トルコGP 決勝 

トルコGP決勝。フェリペ・マッサが昨年からの2連覇を達成し、2位には同僚のライコネンが入り、フェラーリが1-2フィニッシュを決めた。

3位にはマクラーレンのアロンソ。ハミルトンは途中まで3位走行していたが、高温のせいかタイヤの表面が剥がれ落ちるようなトラブル、5位フィニッシュでレースを終えている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/08/26 22:46 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

トルコGP 予選 ライコネンのコメント 

キミ・ライコネン

ポールポジションが欲しかったけど、少なくとも2番手じゃなくコース上のクリーンなサイドの3番手からスタートできるのは良かったよ。Q1とQ2はマシンバランスがバッチリだったけど、決勝の第一スティント分の燃料を抱えて走るQ3は違ったな。最後のふたつのコーナーでミスをしたのも痛かった。あれでポールを逃したかもね。決勝セッティングでマシンはすごく良い。好成績を挙げるチャンスは大いにあるよ」

若干のミスを悔やみながらも、決勝に向けて自身のコメント。ポイントランキングでリードを許しているマクラーレンの2人よりも上位フィニッシュを臨みたいものだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ


[ 2007/08/26 09:23 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

トルコGP 予選 

猛暑の中行われたトルコGP予選、フェラーリのマッサがポールポジションを獲得した。2位ハミルトン、3位ライコネン、4位アロンソ、5位クビサ、6位ハイドフェルド、7位コヴァライネン、8位ロズベルグ、9位トゥルーリ、10位フィジケラがトップテン。

各チームのタイヤチョイス、ガソリンの積載量を含め明日の戦略が気になるところだ。残り6戦を残すだけとなり、マクラーレンの2台が絶対的な優位を保っているが、フェラーリ陣営そしてライコネンにとっては正念場となる戦いが続くことになる。
フェラーリ、マクラーレンと4人のドライバーが交互に並んだだけに、スタートが大きな鍵を握りそうだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2007/08/25 21:17 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ハンガリ-GP、問題の予選動画 



人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2007/08/06 17:40 ] F1動画 | TB(0) | CM(1)

ハンガリ-GP決勝 

アロンソのポール剥奪、マクラーレンのコンストラクターズ・ポイント加算なしという決定に結びついた、予選でのゴタゴタで迎えた決勝レース。

優勝はマクラーレンのハミルトン、2位にフェラーリのライコネンが入った。この2人の激しい争いは最終ラップまで続き約1秒の差でハミルトンがライコネンを抑えきった形だ。ハンガリーはモナコの次に抜きにくいサーキットといわれているが、同程度のスピードのマシンをオーヴァーテイクすることはとても難しいようだ。

さてさて肝心の予選のゴタゴタだが、マクラーレンの内紛がいよいよ表面化してきたといったところだろうか。
予選ラウンド3に置いて、アロンソがピットインし必要以上に長く停止、それによりチームメイトのハミルトンの最後のアタックを妨害したとして、アロンソはポールポジションを剥奪、マクラーレンはコンストラクターズ・ポイントを加算しないという厳しい処分がFIAから下された。
マクラーレンの総帥であるロン・デニスが明らかにしているが、ことの発端は予選ラウンド3でアロンソを多く周回させる作戦を取っていたチームの戦略をハミルトンがアロンソを抑え込み台無しにしてしまったことが発端となっているようで、マクラーレン内には緊張が走っているとのことだ。

かつての“セナ・プロ対決”を思わせるような遺恨にも発展しそうな両ドライバーの行動、正々堂々トラックの上で決着をつけてもらいたいものだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2007/08/06 17:38 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。