スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨーロッパGP 決勝 

日曜日午後、ドイツのニュルブクリンク・サーキットでF1ヨーロッパGPが開催された。シューマッハ引退がはじめてのドイツでのレースとなったが、多くのファンがつめかけ熱いレースが繰り広げられた。

大波乱のレースに勝利したのはマクラーレンのアロンソ。2位にはフェラーリのマッサ。
スタート直後いきなりすさまじい雨が降り始める、多くのマシンがハイドロ・プレーニング現象を起こしコースアウトしていく。ここまで9戦連続表彰台に立っていたスーパールーキーのハミルトンも雨の餌食となり、上位進出のチャンスを失ってしまった。

雨が上がった後はセーフティーカー先導で再開、この時点でマッサーアロンソーライコネンの順。フェラーリはドライ路面ではとても早く、マッサはアロンソを引き離し、ライコネンはアロンソにじりじりと迫ってくる。フェラーリの1.2フィニッシュも可能かと思われた35週目に、ライコネンの車が止まってしまう。油圧系のトラブルでギアがシフトしなくなったことが原因だとのことだ。
現在、チャンピオンシップトップであるハミルトンがポイント圏外でのフィニッシュとなったため、大きなチャンスとなったこのレースだが、手痛いリタイヤとなってしまった。
フェラーリは両チャンピオンシップで獲得に向けて信頼性の確保が最重要課題となりそうだ、速さではマクラーレンを圧倒していても乾燥できなければポイントは獲得不可能、今回の原因も速く究明してほしいものだ。

終盤、マッサーアロンソの順で決着かと思っていたが、再び土砂降りの雨。雨用タイヤに履き替えたアロンソは本当に速かった。それまでトップを快走していたマッサに軽く接触しながらもオーヴァーテイク、正にレースの醍醐味をみせてくれた面白いレースだった。

レース終了後、アロンソとマッサが言い合う場面も。あれだけ激しいバトルを繰り広げたわけだから、それぞれに思うところがあることだろう。なにやら因縁がまた一つできたような終わり方だった。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト
[ 2007/07/23 23:46 ] F1ニュース | TB(0) | CM(2)

ハミルトンの予選大クラッシュ動画 



オンボード映像をみているとかなりヒヤリとするアクシデントだとわかる。なによりもチャンピオンシップを争う天才ドライバーの体に問題なさそうで良かった、まだ正式決定ではないが決勝レースへの出場は問題ないようだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/07/22 12:33 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ヨーロッパGP 予選 

今年唯一ドイツでの開催となるヨーロッパGP。ニュルブルクリンク・サーキットで注目の予選が行われた。

Q1,2は順調に消化、Q3開幕しまもなくマクラーレンのルイス・ハミルトンが大クラッシュ。サーキットは一瞬にして凍りついたが、手を挙げるハミルトンの姿にホッと胸をなでおろした。
ハミルトンの決勝への出場はまだ未定とのことだが、ロン・デニス監督によると出場できない理由が見当たらないとのこと。その場合10番手スタートとなるが、彼がどこまで挽回するか注目だ。

ポール・ポジションは我らがライコネン。2番手にはマクラーレンのアロンソ、3番手にフェラーリのマッサ。4番手、5番手にはハイドフェルド、クビサのBMW勢が入り、好調を堅持してるようだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/07/22 09:48 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ホンダ、早くも来期ドライバー・ラインナップを発表 

ホンダが2008年のドライバー・ラインナップを発表。

現行のバトンーバリチェロ体制を継続することとなる。
今年は思うような結果が残せていないホンダ、まだまだトップチームとの差は大きい。この二人での継続でチームがどのように進化していくのか楽しみだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2007/07/20 11:30 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

イギリスGP決勝後、ライコネンのコメント 

キミ・ライコネン

「僕にとって素晴らしいレースだったよ。昨日の予選でミスをした後はものすごくがっかりしたけれど、今日はそれを取り戻すことができた。ポールからスタートできていればもっと楽になっただろう。クルマはソフトタイヤでもハードタイヤでも、とても調子がよかったんだ。週末はずっと強かったから、この流れが次のレースでも続くことを期待しているけれど、それが難しいことはわかっているよ。最初のスティントでは、タイヤの様子を見て燃料をセーブしたんだ。一度ルイスに接近したことがあったけれど、彼が僕よりも先にピットに入ることを期待していたからリスクは負わなかったんだ。2番目のスティントでは、アロンソが違う戦略を使って僕よりも先にピットストップを行うことがわかっていた。彼に近付いていなければならなかったから、その重要な場面でプッシュしたんだよ。今はとても嬉しいよ。ドライバーズチャンピオンシップでも順位を上げることができたし、シーズンはまだ残りがたくさんあるんだ。クルマの開発を続けて正しい方向に向かって作業をしないといけないね」

このまま波にのって連勝街道まっしぐらといってほしいものだ。フェラーリ、ライコネンの活躍で今まで以上にチャンピオンシップが面白くなるはず、頑張れキミ!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/07/09 20:12 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

イギリスGP 

伝統の一戦、F1イギリスGP。
勝ったのはフェラーリのキミ・ライコネン、フランスGPに続いて2週連続での勝利となった。
母国勝利が期待されたマクラーレンのルイス・ハミルトンは3位表彰台。残念ながら勝利には届かなかったものの、9戦連続の表彰台フィニッシュで、なおもドライバーズ・ランキングで首位を走っている。
2位には同じくマクラーレンのアロンソ。

スタートから4番手のマッサがスタートできない波乱含みで始まったレースだが、タイヤの使い方や燃料搭載の差などで様々な戦略が垣間見えて面白いレースだった。また後方からの追い上げとなってしまったフェラーリのマッサは果敢なオーヴァーテイクを見せてくれてレースの楽しさ感じさせてくれた。

ハミルトンの独走になってしまうのではないかと思われていたチャンピオンシップも熾烈さを増してきている。現在のポイントランキングは以下の通り

<ドライバーズ>
1 L.ハミルトン 70
2 F.アロンソ 58
3 K.ライッコネン 52
4 F.マッサ 51
5 N.ハイドフェルド 33

<コンストラクターズ>
1 マクラーレン・メルセデス 128
2 フェラーリ 103
3 BMWザウバー 56
4 ルノー 31
5 ウィリアムズ 13

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/07/09 20:07 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

フランスGP 

久しぶりに来た!開幕戦以来となるフェラーリのライコネンが今季2勝目を挙げた。2位には僚友のマッサが入り、フェラーリは今季初めての1-2フィニッシュ。前戦までマクラーレンに圧倒されていたが、ようやく一矢報いたことのになった。

それにしてもいたるところで激しいバトルが見れて実に面白いレースだった。特にハイドフェルドとアロンソのバトルは見ごたえがあった、戦略の違いもあってコース上で抜かなければならない状況であったろうから、2人のドライバーの死力を尽くした戦いに興奮した。

チャンピオンシップを見ればまだまだマクラーレン勢の優勢は揺るがず、特に現在首位を走るハミルトンの安定感はルーキーとは思えない。この調子でフェラーリには早さを持続させてもらいたいものだ、来週のイギリスGPが待ちきれない。

キミ・ライコネン
「ようたくだね!僕のレースは全てが上手くいったよ。スタートでハミルトンを抜くことが必要で、その後は常にフェリペについて行くようにしたんだ。数ラップのリードがあることはわかっていたけれど、最初のピットストップでトラフィックにはまってリードを築くことができなかったんだ。2回目のピットストップのときは状況が変わって、前に出ることができたよ。週末が始まってすぐに僕たちは強かったから、この優勝はここ数週間の努力へのご褒美なんだ。まだ改善の余地はあるから、これからもクルマの改善を続けていかないといけないね。」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2007/07/02 10:32 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。