スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シューマッハのマネージャー、腕時計は1500万円なり 

若き日のシューマッハの才能を見出し、現在もマネージメントを続けているウィリー・ウェバー氏はシューマッハの成功とともに自身も巨額の富を得ているようだ。

伝えられるところによると腕時計のお値段1500万円とか・・・世界バリバリバリューにでれそうですなあ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト
[ 2006/12/31 10:48 ] フェラーリグッズ | TB(0) | CM(0)

フェラーリ、来期ドライバーは同等に扱う 

今秋、新しくフェラーリのスポーティングディレクターに就任したステファノ・ドメニカリは、来シーズン、条件付きではあるものの、チームがドライバーを平等に扱うという方針を明らかにしている。

ミハエル・シューマッハがいた時代とは違い、来年初めからは、高年俸のドライバー(来期はもちろんライコネンだが)がチームのナンバー1ではなくなるという、フェラーリにとっては近年まれな状況が生まれるようだ。

さらに、フェリペ・マッサは新しいチームメイトとなるキミ・ライコネンの“ナンバー2”になるつもりはないと主張している。

ドメニカリは、「両ドライバーは同じマシンを与えられ、同等のサポートを受けることになる。少なくとも開幕当初はね」とコメント。

前半戦の成績しだいでその後チームのサポートにも変化がありそう、来期フェラーリはタイトル獲得を至上命題として臨むようだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/28 12:53 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

ビルヌーブ、近日中に去就を明らかに 

ジャック・ビルヌーブは自身のドライバーとしての今後について、近日中にも“何らかの報告”を行う可能性があると明かしている。

元F1ワールドチャンピオンのビルヌーブは、2006年シーズン途中にBMWザウバーを離脱しているが、来年はNASCARもしくはDTM(ドイツ・ツーリング・カー選手権)への転向が有力視されている。

「僕のドライバーとしての今後については、そのうち何らかの報告ができればと思っている。現時点でハッキリしたことは言えないけど、こうご期待だよ」とクリスマスに語ったビルヌーブ。

ビルヌーブは現在、ジョアンナ夫人と長男のジュールズ君と共に母国カナダで休暇を過ごしており、年明けにはヨーロッパへの旅行を予定しているとのことだ。

個人的にはDTM参戦に期待している、引退したかつての名ドライバー、そしてこれからの若手ドライバーとの激しいバトルを見ることができることだろう、ビルヌーブにはもう一度光り輝いてほしいと思っているのは管理人だけではないのではないだろうか。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/27 08:34 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

山本左近、スーパーアグリのテスト・ドライバーに 

スーパーアグリチームは山本左近がセカンドテストドライバーに決定したことを発表した。

スーパーアグリは山本左近と2007年シーズンのセカンドテストドライバーとしての契約を交わした。

山本左近は2006年にスーパーアグリでF1デビューを果たし、シーズン後半の4ヶ月間、チームのドライバーを務めた。来シーズンはセカンドテストドライバーとして、SAF1のドライバーである佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソン、そして新たなテスト&リザーブドライバーとなったギド・ヴァン・デル・ガルデをサポートしていくことになる。

山本左近
「2007年もスーパーアグリの一員としてF1にとどまることができるというのは本当に素晴らしいニュースだ。ぼくをサポートしてくれた皆さんに感謝したいが、特に亜久里さんには感謝している。来年は新しい役割にベストを尽くし、全力でチームをサポートしていくつもりだ」

鈴木亜久里 チーム代表
「来シーズンもスーパーアグリのファミリーの一員として左近がチームにとどまることをとてもうれしく思っている。2007年は他のカテゴリーでレースを継続していけるように、チームとしても彼をサポートしていくつもりだし、今年 F1でレースの経験も積んでいるので、必ずこの目標は達成できると思う」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/26 12:43 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

DTMアウディ、ヴィルヌーブに興味 

アウディは2007年のDTM(ドイツ・ツーリング・カー選手権)に、先日BMWザウバーを離れたジャック・ビルヌーブを乗せることに興味があると認めている。

今期までのドライバーであったハインツ・ハラルド・フレンツェンが、アウディのDTM参戦の一役を担うことがないことから、スポークスマンはビルヌーブと、同じくF1を去ったファン-パブロ・モントーヤが、同社のクリスマスプレゼントリストのトップだと語っている。

ビルヌーブとモントーヤは共に今季もF1に参戦していた2人だが、シーズン終了前にそれぞれBMWザウバーとマクラーレンを離脱した。

モントーヤはチップ・ガナッシとNASCAR参戦の長期契約を交わしているが、ビルヌーブは巨額の資金援助を見つけることが条件となった契約を結んでいる。

アウディのヴォルフガング・ウルリヒは、「有名ドライバーらの参戦がDTMにとっていいことだということは、間違いない」とコメントした。

ハッキネン、アレジも在籍するDTM,来期はビルヌーブもか!スカパーで放送申し込もうかな。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/26 12:38 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

F1グランプリ2006 VOL.3 第13戦~第18戦 

F1グランプリ2006 VOL.3 Rd.13~Rd.18 F1グランプリ2006 VOL.3 Rd.13~Rd.18
F1グランプリ (2006/12/22)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


2006年日本GP,シューマッハとアロンソは同ポイント(優勝回数でシューマッハがランキング1位)ルノーとフェラーリはわずかに2ポイント差で鈴鹿20年目のレースを迎えた。結果はみなさんご存知の通り劇的な結末。
激しいチャンピオンシップ争いが繰り広げられた終盤戦、そしてシューマッハは輝かしいF1キャリアを終えた。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/26 08:53 ] F1グッズ | TB(0) | CM(0)

F1グランプリ 2006 VOL.2 第7戦~第12戦 

F1グランプリ 2006 VOL.2 Rd.7~Rd.12 F1グランプリ 2006 VOL.2 Rd.7~Rd.12
F1グランプリ (2006/10/06)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


熱い戦いが繰り広げられた2006年F1グランプリの中盤戦。今シーズンをもって引退するミハエル・シューマッハの怒涛の追い上げが始まった。
だれもがアロンソ独走でチャンピオンが決まるのではないかと思っていたことだろうが、シューマッハの走りはすさまじかった。

2005年以来苦しんでいたブリジストンもすばらしいタイヤを用意してフェラーリの反撃をサポートした。
緊迫の後半戦に向けて激しい戦いが続いていく。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/26 08:48 ] F1グッズ | TB(0) | CM(0)

F1グランプリ 2006 VOL.1 第1戦~第6戦 

F1グランプリ 2006 VOL.1 Rd.1~Rd.6 F1グランプリ 2006 VOL.1 Rd.1~Rd.6
F1グランプリ (2006/07/21)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


熱い戦いが繰り広げられた2006年のF1グランプリ。序盤はルノー、アロンソの独走状態となったが、アロンソの卓越した能力を示すのにふさわしい序盤戦だった。

また序盤世界中の人が注目したのが、急ごしらえチームのスーパーアグリだろう、佐藤琢磨と井出有治のコンビで参戦。苦しい戦いを固唾を呑んで見守った人も多いのではないだろうか。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/26 08:44 ] F1グッズ | TB(0) | CM(0)

シューマッハ、来期もフェラーリに深く関与 

フェラーリの社長であるルカ・ディ・モンテツェモーロによると、ミハエル・シューマッハはチームの本拠地であるマラネロにオフィスを構え、若い才能の発掘に多くの時間をかけることになるということだ。またフェラーリのレースについてもアドヴァイスを送ることになるようで、フェラーリとの密接な関係は今後も維持されるようだ。

「ミハエルはすでに自分の新しい役割に興味を示しており、我々のカートチームのスカウトもすることになっている。
彼はまた、自身の会社でフェラーリのコンサルタントも務め、いくつかのレースには同行することになるだろう。
ミハエルはF1を熟知しており、我々の判断を助けてくれると思うよ」

とルカ・ディ・モンテツェモーロ、また来期のタイトル奪還に向けて必勝体制で望むと力強く宣言している。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2006/12/25 09:08 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

ライコネンのクリスマスプレゼント 

♪メリークリスマス♪

FIAの公式ホームページにF1ドライバーがクリスマスのプレゼントにいったい何を望んでいるのか掲載してあったのだが、キミ・ライコネンは来期のフェラーリドライバーらしい答え。

「クリスマスの靴下というわけではないけど、僕のガレージにフェラーリ599GTBフィオラノがあったらいいよね」とライコネン。

面白いのはクルサードのコメント、
「ミハエルが気持ちを変えて復帰しないことを望むよ」

みなさんも楽しいクリスマスを!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/24 21:49 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

スパイカー、テストは2月からか? 

先日スーティルとの契約を発表したばかりのスパイカーだが、どうやら1月のテストにも参加しない可能性が出てきている。

12月に行われたバルセロナ、ヘレスでのテストに唯一参加していなかったのが、このスパイカーだが来期からのエンジンであるフェラーリ・エンジンを載せた新車発表後、2月からテストに参加すると見られている。

来季に向けて一番大きな懸念はブリジストン・タイヤへの理解不足だろうか、スーパーアグリ最下位脱出のチャンスか!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/24 21:41 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

スーティル、スパイカーのシートを獲得 

スパイカーF1チームは、エイドリアン・スーティルがチームと長期契約を結んだことを発表した。スーティルは、クリスチャン・アルバースとともに2007年シーズンを戦うことになる。現在のドライバーであるモンテイロは他チームへの移籍の道を探ることになる。


スーティルはドイツ出身の23歳で、2006年シーズンは全日本F3選手権にトムス・トヨタチームから参戦しながら、F1グランプリではスパイカーから金曜日のセッションを3回走行している。

音楽家だった父の後を継いで、スーティルは14歳までコンサートピアニストとしての訓練を受けていた。演奏活動もしていたようで、F1ドライバーの中でも一風変わった経歴の持ち主だ。

エイドリアン・スーティル
「ある時カートに出会ったんだ。その時から、僕が聞きたい音楽はレーシングエンジンの音だけになったよ。その年には、F1のパドックに行くことができたんだ。正直に言うと、2007年はテストドライバーになるだろうと思っていたんだ。今回の契約が実現するまで、コリン・コールズとミシェル・モルはとても忍耐強く協力的だったよ。僕を信用してくれたことに対して報いたいと思うけれど、今は素晴らしいクリスマスプレゼントを楽しみたいよ」

コリン・コールズ  スパイカー代表
「チームにとって素晴らしい契約であり、個人的にも光栄なことだ。エイドリアンは2004年にチーム・コールズでF3デビューを果たし、3回目のレースでポールポジションを取ったときは大きな可能性を感じさせたよ。それ以来、彼は2つの素晴らしいチームでドライブし、瞬く間に成熟した。2006年に我々のチームでドライブしたときには、スパイカーの全員が非常に感銘を受けた。それが、我々が彼をレースチームに加えた理由だよ」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2006/12/24 08:43 ] F1ニュース | TB(1) | CM(0)

コヴァライネンのコラム 

来期ルノーからレースデビューすることになるコヴァライネンだが、イギリスBBCスポーツにコラムを寄せるようだ。
第一回目のコラムは、こんにちは、僕はコヴァライネンです。来期ルノーチームからF1ワールド・チャンピオンシップに参戦することになりました。となんともほほえましい自己紹介から始まっている。

この中でコヴァライネンは自信のコメント。
「アロンソの後任になることについてプレッシャーはないかとよく尋ねられるけれど、僕は誰の後任になっても同じプレッシャーしか感じないだろう。
F1には常にプレッシャーがあるし、大切なことはそのプレッシャーっが僕のレースに影響していないことだよ」

と語り、必要以上の気負いなくシーズンに突入する模様だ。個人的にはルノーのもう一人のドライバーフィジケラよりも上を走ってくれるのではないかと思っているが、チャンピオンシップのダークホースになりそうな、新たなフィンランド人だ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/21 15:53 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ボーデ、2008年からトロロッソか 

かねてからF1兆戦の夢を語っていたセバスチャン・ボーデだが、2008年にその夢が実現するかもしれない。
ボーデはインディカーで3年連続チャンピオンになっている逸材だが、今までF1チームから声がかかることはなかった。が、このたびトロロッソのテストに参加、同チームの共同オーナーであるゲルハルト・ベルガーがボーデを高く評価している。

ゲルハルト・ベルガー
「ボーデはこのマシンでの経験がないにもかかわらず、終始ウチのリウッツィやスピードらと同じペースで走ってみせた。彼は明らかに2008年のドライバー候補だ、彼の一貫した走りは、われわれにとても強い印象を与えたよ。」

来期のドライバーについてはリウツィ、スピードの現在のラインナップが最有力ということだが、まだ他にも検討の余地があるとの事。年末までには正式に発表される模様だ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/21 08:37 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

プーマ フェラーリ SF スピードキャット ニューチーム レッド/ホワイト  





まるでフェラーリのチームクルーになった気分を味わえるような素敵な一品。プーマと契約しているフェラーリならではのコラボーレーションモデル。

F1のチームカラーが多数落とし込まれているプーマのモータースポーツラインですが、このモデルはフェラーリのロゴがヒールに入ったライセンスモデルです。これはティフォシならずとも買いの1足です!!
※サイズは小さめです、ワンサイズ上をお勧めいたします。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/20 13:22 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ハミルトンに期待の声 

来期マクラーレンからデビューするルイス・ハミルトンに早くも期待の声が上がっている。
F1の母国イギリス国籍を持つハミルトンだが、初の黒人ドライバーということもあり<F1のタイガー・ウッズ>などともいわれ、将来が嘱望されている。
しかしマクラーレンがハミルトンを起用したのは、肌の色に関係ないことは明らかで、冬のテストでもトップタイムをマークするなど早くもその実力の片鱗を見せ始めている。

かつて二輪、四輪で世界チャンピオンになったサーティス氏、以前マクラーレンのコーディネーターを勤めていたラミレス氏の二人がそろって、ハミルトンのデビューしズンはわれわれを驚かすことになるだろう、と語っている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/20 13:00 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

フィジケラではチャンピオン獲得は無理 

ルノーの首脳が、フィジケラではチャンピオン獲得は無理だと述べている。
2005,6年の2年連続ダブルタイトル獲得にはフェルナンド・アロンソの力が不可欠だったのこと来期ルノーで走ることになるフィジケラ、コヴァライネンはよいドライバーだが、アロンソのレヴェルには達していないとのことだ。

当のフィジケラだが、今シーズンオフも昨シーズンのオフと同じく、威勢のいいコメント。来期はタイトル争いができるといきまいているようだ。

車の出来に大きく左右される現在のF1だが、チャンピオン最有力候補はフェラーリだろうか。しかしここのところのテストではマクラーレン、ルノーも好調のよう、開幕まで目が話せない。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/20 12:00 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

鈴鹿サーキット大改修へ 

ホンダの福井社長は恒例の年末記者会見で鈴鹿サーキットの大改修を行うと述べた。
鈴鹿は20年間に渡りF1日本GPを開催してきたが、2006年シーズンをもってひとまずの役割を終え、来期からは富士での開催が決定している。

鈴鹿は多くのドライバーがスパと並んでベストコースと述べるなど、サーキットのレイアウトは多くのドライバーから愛されてきたが、ピット、パドックなどの設備が古いと不評だった。
今回の改修ではこれらの付帯設備を最新のものに改修するとの事だ。

富士でいったいどのようなレースが行われるのか、来期とても楽しみなのだが、やはり鈴鹿でのレースも見たいと思うのは管理人だけではないはずだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/20 11:53 ] F1ニュース | TB(1) | CM(0)

ブリアトーレ、金銭授与を否定 

ルノーのフラビオ・ブリアトーレはアロンソのマクラーレンテストへの早期参加への見返りとして2600万ドル(約3億円)を受け取ったという噂を完全に否定した。

「フェルナンドは、われわれと5年間を過ごした。その間に2度のワールドチャンピオンに輝いたんだ。それだけに、彼から新しいチームのテストに参加したいと言われた時、喜んで送り出したよ。他には何もない」

と語ったブリアトーレ、どちらが真実なのかわからないがF1は裏があるところなんだろうな・・・

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/19 23:40 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

DRIVER’S EYES F1 日本グランプリ2006 

DRIVER’S EYES F1 日本グランプリ2006 DRIVER’S EYES F1 日本グランプリ2006
F-1グランプリ (2006/12/22)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


早くも2006年鈴鹿GPのDRIVER’S EYES(ドライバーズアイ)が登場、車載カメラの映像を中心に、ドライバーの視点てレース展開を楽しむことが出来る。
アロンソーシューマッハが同ポイントで迎えたまさに天王山、まさかのトラブルでチャンピオンシップの行方がほぼ決定してしまったドラマティックなレース。

12月22日の発売に向けて予約の受付が始まっている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/19 17:11 ] F1グッズ | TB(1) | CM(2)

トニー・パーネル、FIAのテクニカル・コンサルティングへ 

トニー・パーネル(前ジャガー、レッドブルチームの代表)はFIAのテクニカル・コンサルタントとして任命されたことが発表されている。 メーカーと主要な大学と共に連携して、パーネルはFIAを代表して車の技術的側面ににおける最新の傾向を特定するだろう。

パーネルはコンサルタントのピーター・ライトとチャーリー・ホワイティング(FIAのフォーミュラーワン技術部のヘッド)と共に密接に働くことになる。

「私はトニーがこの重要な新しいフォーミュラーワンプロジェクトをFIAと共に働いてくれることをうれしく思っているよ。トニーと共に働いていた人対てゃは、彼がスポーツで最も実践的で技術的にたぐいまれない人物であることを知っている。」
と、FIA会長のマックス・モーズレーは語っている

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/19 17:01 ] F1ニュース | TB(1) | CM(0)

モンテゼーモロ政界へ転身か 

早くも来期のタイトル奪還を宣言しているフェラーリを傘下におさめているフィアットのルカ・モンテゼーモロ社長。

「来るシーズン、われわれはフェラーリをワールドチャンピオンに導く。ここには素晴らしいメンバーがそろっているのだからね」とコメント、はやくも自信をみせている。

かねてから政界に転身するのではないかと噂の耐えなかった門手ぜーもろだが、イタリア国営放送のなかでこの話を否定しなかったとの事。イタリアの前首相であるベルルスコーニ氏はサッカーのFCミランの会長だった、このようにスポーツビジネスから政界への転身も十分可能性がありそうだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/19 13:02 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

トゥルーリ、ブリジストンユーザーのアドバンテージはなし 

この冬のテストでの一つの焦点となっていたのだが、ブリジストン・タイヤ、ワンメイクへの移行だ。今期までのブリジストンタイヤユーザーがアドバンテージを得るのではないかと予想されていたが、今期ブリジストン・タイヤを使用していたトヨタのヤルノ・トゥルーリは2007年のアドバンテージはないと語っている。

シーズン末でのミシュランの撤退によって、日本のタイヤサプライヤーへの変更を強いられたチームには、マクラーレンやルノーといったトップチームが含まれている。しかし、トゥルーリによると、今後使用されることになる、いわゆる“コントロール”タイヤは、2006年の製品とは大幅に異なるものということだ。

「タイヤは、非常にハードになっていて、まったくの別物だよ。だから、みんなゼロからのスタートだ。
この新しいタイヤによって、非常にソフトなコンパウンドで今年経験したような、ブリスターやグレイニングの問題が取り除かれた。新しいタイヤによって制動距離が伸びるので、それによってオーバーテイクがしやすくなるはずだ。でも、まだこれについて、はっきりした結論を出すことはできないね」

と語るトゥルーリ、一部ではフェラーリ有利説も唱えられていたがそうでもなさそうだ。来期は今期と違いマシンをタイヤに合わせるという車作りを求められるのだろう、来期は車、ドライバーそのものの能力が大きな比重を占めそうでとても楽しみだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/19 12:49 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

アンドレッティ、ホンダ・テストの感想を語る 

アロンソのマクラーレンテストの衝撃が大きすぎて陰に隠れてしまった感があったアンドレッティのホンダ・テストだが、中々の好タイムでポテンシャルの高さをうかがわせている。これもアンドレッティ家のDNAなのだろうか。

マルコ・アンドレッティ

「最初に言いたいのは、今日はもっと楽しみたかったってことだね、1日しかないのは、とても残念だよ。
トラクションコントロールとブレーキに慣れるまで、ちょっと時間がかかってしまったけど、いったん慣れればタイムがどんどん伸びていったんだ。ホンダには本当にありがとうという言葉しか思いつかないよ。彼らはとてもプロフェッショナルだ。僕を歓迎してくれたことに感謝している。彼らは来年、必ずや素晴らしいシーズンを送れると思うよ」

ジル・ド・フェラン  スポーティングディレクター

「マルコを迎えられたことは、とても素晴らしいことだ。彼はよくやったし、不慣れな環境の中、たった1日という短い時間でうまく順応していたと思う。マシンに対しても、すぐに馴染んでいたようだし、全体的に見ても素晴らしいF1マシン初ドライブになったんじゃないかなと思うよ」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/18 23:49 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

マクラーレン、ライコネンの解放は拒否 

ルノーの契約が今年中残っているにもかかわらずルノーからのリリースによりフェルナンド・アロンソのテストを実現させたマクラーレン。
しかしながらマクラーレンはフェラーリに移籍するライコネンを早期に解放する意思は持ち合わせていなかったようだ。

フェラーリからのライコネン早期解放依頼があったにも関わらず応じなかったマクラーレンだが、ボスであるロン・デニスは「マクラーレン・メルセデスとルノーの関係と、マクラーレンとフェラーリとの関係とは、かなり違ったものだからね」と語ったという。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/18 23:43 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

アロンソのテストの2600万ドル 

先週の話題をさらったフェルナンド・アロンソのヘレス・テストだが、アロンソが一日マクラーレンのテストに参加するためにマクラーレンはルノーに2600万ドルを支払ったと報じられている。

2600万ドルというと日本円で約3億円、たった一日テストに参加するだけで途方もない金額。アロンソ、ルノー共に友好的な話し合いの元決定したという感じだったが、この裏事情・・・(まあこのブログに書かれている時点で裏情報とはいえないが)

真意のほどはわからないが、こんな政治的な動きもF1の面白さの一つだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ


[ 2006/12/18 23:24 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

スパイカー、トロロッソ、スーパーアグリを警戒 

「昨年は私だけだったが、今は状況が変わった。レッドブルはエイドリアン・ニューウェイがクルマを設計するようになったし、ホンダはレースで勝利を手にしたからね」

そう語るのはコリン・コレス、スパイカーF1のマネージング・ディレクター。レッドブルートロロッソ、ホンダースーパーアグリという二つの姉妹チームに警戒感を強めている。
トロロッソ、スーパーアグリの2チームがそれぞれの姉妹チームから援助を受け、2007年のレギュレーションでは使用不可能な他チームデザインのシャシーを使用しているのではないという憶測に対しての発言。

コレスによれば、この抗議にトヨタ、ウィリアムズ、マクラーレンからの力強い支持を取り付けたとのこと。また妥当な解決策が見いだせなければ、最終手段として問題を調停に付する可能性があると、コレスは主張している。

スーパーアグリのテスト風景を見る限り、使用しているマシンは今期のホンダRA106に’酷似’したマシン。コレスの心配も当然のことだろう。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2006/12/18 12:36 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

アロンソ、ブリアトーレに感謝 

突然のマクラーレンドライブで世界中を驚かせたフェルナンド・アロンソだが、所属チームであったルノーのボス、フラビオ・ブリアトーレに感謝の言葉を述べている。
アロンソ自身このテストにはとても興奮したと語っているが、マクラーレンのマシンについては多くを語らず。アロンソのマシンへの感想が気になるところだ。


フェルナンド・アロンソ

「もう年内は無理だろう思っていただけに、マネージャーから話を聞いたときにはほんとうに興奮したよ。これは僕にとって素晴らしいクリスマス・プレゼントになったよ、最高だね。ブリアトーレには本当に感謝しているよ。みんなにもいいクリスマスが来るよう、願っているよ」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/18 08:50 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

佐藤琢磨、スーパーアグリの進歩に手ごたえ 

スーパーアグリチームは、3日間に渡ったヘレステストを金曜日に完了させた。佐藤琢磨にとってはシーズン終了以来久しぶりのドライブとなったが、チームが進歩したことを語っている。


佐藤琢磨

「初めての冬のテストを楽しむことができたよ。ブラジルGP以来、初めてのドライブだったから、とても楽しみにしていたんだ。F1マシンに戻ってきて、3日間テストを行って、とても長い時間だったけれど、楽しむことができたよ。
毎日100周以上を走ることができて、とても自信がついたね。新しいコントロールシステムを試したり、僕は新しいブリヂストンのポテンザタイヤを履いて走るのは初めてだったけれど、とても満足しているし、チームにとってポジティブなテストだったと確信しているよ」

とても前向きなコメント、去年はスーパーアグリ結成に向けてあわただしい状況でろくにテストもできなかったが、今年はしっかりとテストができているようだ。来期のポテンシャルアップに期待が高まる。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2006/12/17 09:31 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

クレイ・レガツォーニ、自動車事故で死亡 

元F1ドライバーのクレイ・レガツォーニが自動車事故で死亡したとロイター通信が伝えている。
かつて所属したフェラーリがこのニュースを発表したということだが、15日にレガツォーニは自動車事故でなくなった、享年67歳。

スイス生まれのこのドライバーは1979年にシルバーストンで名門ウィリアムズチームの最初の勝利をあげ、その後フェラーリに移籍し4勝をあげている。

かつての所属チームであるフェラーリ、ウィリアムズのボスは以下のように語っている。

ルカ・モンテツェモロ フェラーリ社長
「勇敢なドライバーであり、常に勇敢な生き方をした人間であるクレイ・レガツォーニを失った。彼のことは、わたしのドライバーのひとりというだけでなく、フェラーリに対して真の情熱を持っている人間として覚えている」

フランク・ウィリアムズ ウィリアムズチーム代表
「クレイは1979年シルバーストンでウィリアムズチームから出走して初めてグランプリで優勝した。これはチームにとってF1史上最も重要な出来事だった。
彼は紳士であり、彼がチームに在籍してくれてうれしかった。パトリック・ヘッドやわたし、チームメンバーは彼のことを忘れないだろう」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/12/16 13:09 ] フェラーリニュース | TB(1) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。