スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャン・トッドは監督継続へ 

先日フェラーリのCEO(最高経営責任者)に就任したジャン・トッドだか引き続きF1フェラーリチームの指揮を執るようだ。

CEOに就任したことににより現在の役職をステファノ・ドメニカリが引き継ぐと言われていたが、モンテゼモーロ社長は「今の役割をどのくらい続けるかは、後で決める。トッドはファクトリーおよびレースの活動において、当座の監督を務める。つまり、全グランプリに姿を見せることになるのだ。また、ステファノ(ドメニカリ)は彼の監督下に就くことになっている」と述べている。


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト
[ 2006/10/30 21:15 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(2)

ライコネンのフェラーリ入り、シューマッハが関与 

一部のメディアでフェラーリがキミ・ライコネンと契約したことにより、ミハエル・シューマッハが引退に追い込まれてしまったという論調の報道がなされているが、ジャン・トッド監督は日曜日この件に関してコメントしている。

トッド監督によると、実際ライコネンを選んだのはシューマッハだということだ。

「キミがフェラーリと契約をする際に、ミハエルはその過程に関与していた。我々はミハエルに会合の内容を毎日連絡していたんだ。キミとの契約がどうなっているのか、また我々の決定したかったことについて、ミハエルは全て知っていたよ。だから、彼にとってはライコネンと契約したことは突然の出来事ではなかったんだ」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/30 08:35 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

ライコネンのフェラーリ入り、シューマッハが関与 

一部のメディアでフェラーリがキミ・ライコネンと契約したことにより、ミハエル・シューマッハが引退に追い込まれてしまったという論調の報道がなされているが、ジャン・トッド監督は日曜日この件に関してコメントしている。

トッド監督によると、実際ライコネンを選んだのはシューマッハだということだ。

「キミがフェラーリと契約をする際に、ミハエルはその過程に関与していた。我々はミハエルに会合の内容を毎日連絡していたんだ。キミとの契約がどうなっているのか、また我々の決定したかったことについて、ミハエルは全て知っていたよ。だから、彼にとってはライコネンと契約したことは突然の出来事ではなかったんだ」

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/30 08:34 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

シューマッハはスカウト担当に 

日曜日、フェラーリからシューマッハの新たな役割が発表された。

ジャン・トッドの<スーパー・アシスタント>として若手ドライバーの発掘に手腕を発揮することになる。

「ミハエルはいつも若いドライバーに興味を持って注目していた。実際、今、私の隣にはその才能ある若者が一人いる。ミハエルが私のところに来て、フェリペについて話したときのことをよく覚えているよ。当時フェリペはまだ下位カテゴリーで走っていたんだ。彼はまた、まだライコネンがザウバーでF1デビューをする前に、彼について私に話してくれた。だから、ミハエルは若い才能を見る目があると思っている。将来のドライバーを探すにあたって、彼はフェラーリにとって重要な存在になる可能性がある」

とトッド監督は語っている。

当のシューマッハはまずは休養してこの新しい仕事に取り組むとの事。もしかするとグランプリでシューマッハの姿が見られるかもしれない。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/30 08:29 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

シューマッハのフェラーリでの役割 

シューマッハがイタリアGPで引退を発表したときから、フェラーリとの関係は続いていくといわれていたが、その詳細がいよいよ日曜日に発表されるようだ。

29日(日)のモンツァで行われるフェラーリのイベントで発表がある模様だ。

社長のモンテゼーモロは「大使とかアドバイザー、それにデスクワークにも就かないと思うよ、まあ、(テスト)ドライバーとして戻ってくることはないだろうけど、フェラーリと親密な関係を続けていくことは間違いない」と述べている。

ロス・ブラウンの離脱、シューマッハの引退と大きな変貌を遂げることになるフェラーリ。シューマッハの今後のポジションに注目が集まっている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/29 18:56 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

ロス・ブラウン、コメント 

これまでかなりの期間、我々はこの引き継ぎのための準備をしてきた。私よりもいい仕事ができると確信できる人に、自分の役割を引き渡すことができて嬉しいよ。彼らを心から信頼しているし、私よりもずっと多くの成功をマラネロにもたらすことができると思っているよ。

チームの歴史上もっとも素晴らしい時代に、私をその一員として受け入れてくれたフェラーリに感謝したいと思う。誰もが知っているように、フェラーリは伝説だ。しかし、もっと重要なのは、そこで働く人たちなんだ。彼らは自分たちの仕事に対して卓越したプロ意識、忠誠心、モチベーション、情熱を持っていた。彼らはみんな並外れて優秀な人間なんだよ。


とフェラーリを離脱することに決めたロス・ブラウンは語っている。なお早くも他チームへの移籍の噂もでてきており、イギリス系チーム(マクラーレンもしくはウィリアムズか)へ新天地を求めるのではないかとささやかれている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/28 08:25 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

2007年 GP予定 

イタリアの新聞によると、サンマリノGPの開催は絶望的ということだ。
F1のボス、バーニー・エクレストンがサーキットのあるイモラ市長に「開催契約はすでに時間切れ」との手紙を送ったとのこと。

2007年は全17戦で行われることになる。

第1戦  3月18日 オーストラリアGP メルボルン
第2戦  4月08日 マレーシアGP セパン
第3戦  4月15日 バーレーンGP バーレーン
第4戦  5月13日 スペインGP バルセロナ
第5戦  5月27日 モナコGP モンテカルロ
第6戦  6月10日 カナダGP モントリオール
第7戦  6月17日 アメリカGP インディアナポリス
第8戦  7月01日 フランスGP マニクール
第9戦  7月08日 イギリスGP シルバーストーン
第10戦  7月22日 ドイツGP ニュルブルクリンク
第11戦  8月05日 ハンガリーGP ハンガロリンク
第12戦 8月26日 トルコGP イスタンブール
第13戦 9月09日 イタリアGP モンツァ
第14戦 9月16日 ベルギーGP スパフランコルシャン
第15戦  9月30日 日本GP 富士
第16戦 10月07日 中国GP 上海
第17戦  10月21日 ブラジルGP インテルラゴス


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/27 23:17 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ロス・ブラウン、フェラーリを離脱 

フェラーリチームは来期の体制を発表。その中で注目が集まっていたテクニカル・ディレクターのロス・ブラウンがチームを離れることが明らかになった。
ロス・ブラウンはミハエル・シューマッハと共にチャンピオンをを獲得したベネトンからフェラーリに移籍、シューマッハと共にフェラーリ黄金期を作り上げた。
今後はF1には関わらず、プライベートな生活を優先するとしている。

チーム体制も大きく変化、ステファノ ドメニカリがフェラーリのスポーティング ディレクターになり、一方でマリオ アルモンドがロス ブラウンの後を継いでチームのテクニカルディレクターとなる。
来期のフェラーリは大幅な体制変化のもと新たなチーム作りをキミ・ライコネンと共に行うことになる。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/27 08:43 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

ドイツのテレビ局 

ドイツではRTLという放送局がF1を放送しているのだが、シューマッハの引退後視聴率獲得に苦労するかもしれないと憂慮しているようだ。

管理人はドイツにしばらく住んでいたことがあり、いつもお世話になっていたのだが、この番組は実にいい作りをしているのだ。

土曜日の午前中、フリー走行から生放送をしているしコメンテーターは元チャンピオンのニキ・ラウダ(彼はオーストリア人だが)。
じつにしっかりした解説でとてもおもしろいのだ。一方でレースの見所や注目点、またマシンの空力の分析(ウィリアムズのアリクイ・ノーズなど)まで簡単でわかりやすいVTRを用意して放送している。やはりヨーロッパでF1文化が根付いているということを感じさせる番組だ。

シューマッハの引退の影響で、若干の苦労はあることだろうがドイツのF1ファンも多いので心配はないのではないだろうか。

フジテレビも初心者を開拓していくという姿勢はわかるが、ナショナリズムをあおるように日本、日本と連呼せずにF1の面白さが伝わる放送になるようがんばってもらいたいものだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2006/10/26 23:05 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

2006年 総集編 

2006 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 /

早くも2006年の総集編、完全日本語版が発売された。

ミハエル・シューマッハの最後のシーズン、そして若い力の台頭。2連覇を成し遂げたアロンソ、F1からタイトルを手にして去るミシュラン。
おそらくF1の歴史の重要な1ページとなるであろう、2006年シーズンを見逃すな!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/26 22:48 ] F1グッズ | TB(0) | CM(0)

トッド監督、社長に就任 

フェラーリは先日イタリアのトリノで取締役会を開きジャン・トッドフェラーリチーム監督がフェラーリのCEO(最高経営責任者)に就任することに決めた。
以前からトッドはフェラーリの経営にも関わっていたわけだが、これでより責任の重い地位に着くこととなる。

いよいよ今週末には来期の体制が発表、ロス・ブラウンの去就があきらかになる。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/26 12:40 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(4)

ライコネン、暴言を・・・ 

先日行われたブラジルGP。
スタート前にペレからミハエル・シューマッハに黄金のトロフィーが授与されたのだが、見逃したドライバーが一人だけいた。そうライコネンだ。

その件について元F1ドライバーのブランドルがインタビューした時の映像。

ブランドル
「シューマッハがトロフィーを授与されたとき見てなかったよね?」

ライコネン
「ああ、そうだね。」

ブランドル
「忘れてたのかい?」

ライコネン
「いやーウ○コしてた」

この会話にさすがにブランドルも驚愕した表情、この発言のとき当のアイスマンは普段余り見れない笑顔。このあとテレビ局に苦情が殺到したことは想像に難くない。

ライコネン、暴言を・・・


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/25 17:47 ] ライコネン動画 | TB(1) | CM(0)

シューマッハへのプレゼント 

引退したミハエル・シューマッハにドバイの王族から’島’がプレゼントされるようだ。

約8億円もの価値があるこの島は<ザ・ワールド>とよばれる地球の大陸のように配置された人工島の一部で、南極大陸に当たるもの。航空写真を見ると本当に地球のように見える。

この件に関してシューマッハのパーソナル・マネージャーを務めるウィリー・ウェバーは’シューマッハはカートコースをこの島に作るだろう’と語っている。

なんともすごい贈り物だ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/25 12:30 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

ライコネンVSシューマッハ~ラスト・バトル 

次代のフェラーリエースライコネンと赤い皇帝シューマッハの最後のバトル。

シューマッハの最後のレースとなった2006年ブラジルGP、そして最後のバトルがライコネンとのものだった。

超一流の腕を持つ二人だからこそのギリギリのそして美しいバトル。

ライコネンVSシューマッハ~ラスト・バトル


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/25 00:16 ] ライコネン動画 | TB(0) | CM(0)

フェラーリ来期体制 

フェラーリチームは来期体制を今週中に発表するとしている。

注目はテクニカル・ディレクターのロス・ブラウンの去就だ。

現在は各国プレスからの様々な憶測記事が出ているが、シューマッハとフェラーリの黄金期を作り上げてきた人物だけに、来期のフェラーリにとって欠かせない人材であることは想像に難しくない。

1年間の休養説、また残留説のこの2つのうちどちらかでは内科と思われる。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/24 23:58 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

2006年コンストラクターズタイトル・ランキング 

コンストラクターズタイトルは中盤以降のフェラーリの猛追を振り切ったルノーが連覇を達成。
原動力となったアロンソは来年マクラーレンに移籍するため、新たなチーム作りを始めることになるルノー。来年の勢力図が今から楽しみだ。

コンストラクターズランキングは以下のとおり。

1  ルノー
2  フェラーリ
3  マクラーレン
4  ホンダ
5  BMW ザウバー
6  トヨタ
7  レッドブル
8  ウィリアムズ
9  トロ・ロッソ
10 ミットランド
11 スーパー・アグリ

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/23 10:34 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

2006年ドライバーズタイトル・ランキング 

2006年ドライバーズタイトルを獲得したのはフェルンド・アロンソ。昨年に続き2年連続でのタイトル獲得となった。アロンソは大きな手土産をもってマクラーレン・メルセデスに移籍することになる。

ランキングは以下のとおり。

1  フェルナンド・アロンソ
2  ミハエル・シューマッハ
3  フェリペ・マッサ
4  ジャンカルロ・フィジケラ
5  キミ・ライコネン
6  ジェンソン・バトン
7  ルーベンス・バリチェロ
8  ファン・パブロ・モントーヤ
9  ニック・ハイドフェルド
10 ラルフ・シューマッハ
11 ペドロ・デラロサ
12 ヤルノ・トゥルーリ
13 デヴィット・クルサード
14 マーク・ウェバー
15 ジャック・ヴィルヌーブ
16 ロバート・クピサ
17 ニコ・ロズベルク
18 クリスチャン・クリエン
19 ヴィタントニオ・リウッツィ
20 スコット・スピード
21 ディアゴ・モンテイロ
22 クリスチャン・アルバース
23 佐藤琢磨
24 ロバート・ドーンボス
25 井出有二
26 フランク・モンタニー
27 山本左近

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/23 10:29 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

ブラジルCP 決勝~シューマッハのラストレース 

フェラーリチームは2006年のドライバーズ、コンストラクターズの両チャンピオンシップの獲得はならなかったものの、フェリペ・マッサがアイルトン・セナ以来13年ぶりとなるブラジル人ドライバーの母国での勝利を飾った。

このレースを最後に引退するミハエル・シューマッハは予選のトラブルのため10位スタート。マシンは時々なにかおかしい様子ながらもこの日最速といってよかったのではないだろうか。が、9週目フィジケラをパスした際に左リアタイヤをパンク。これで優勝は絶望的になった。
ピットでのタイヤ交換の間に最後尾まで順位を下げてしまうが、その後この偉大なドライバーの走りは特筆に価する。終盤には来期のフェラーリドライバー、キミ・ライコネンをかわし4位へ。優勝、表彰台には届かなかったが、すばらしい走りを見せてくれた。

お疲れ様、ミハエル。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/23 10:16 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

ブラジルCP 決勝 

2006年最終戦をキミ・ライコネンは5位で終えた。

2位からのスタートということで、優勝もしくは表彰台圏内でのフィニッシュを期待していたのだが、想像以上に他のチームの車が速かったといってよいのではないだろうか。

2006年のドライバーズランキングは5位。マクラーレンチームはコンストラクターズランキングを3位で終えた。

このレースを最後にキミ・ライコネンはマクラーレンを離脱、ミハエル・シューマッハの後任としてフェラーリに加入することになる。


キミ・ライコネン

とても難しいレースだった。僕の車は今日はグリップがなくて、とても運転しにくかったんだ。遅い車をオーバーテイクするのが簡単ではなかったから、ストレートラインのスピードが本当はもっと速くなければいけなかったんだ。レース終盤では一度はらんでしまって、ミハエル シューマッハに詰め寄られてしまった。そして、がんばったんだけれど、ミハエルを抑えておくことができなかった。これがマクラーレン メルセデスチームでの僕の最後のレースだったので、僕を5年間にわたって支えてくれたチームのみんなに感謝したい。


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ


[ 2006/10/23 10:03 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

ブラジルGP予選 

最終戦ブラジルGPをキミ・ライコネンは2位からスタートする。
かなり良いグリッドだが燃料積載量が気になるところだ。

メルセデスのノベルト・ハウグはライコネンの燃料積載量は決して少なくないと述べているがどうだろうか。ポールは地元凱旋のマッサ、マクラーレンでの最後のレース、勝利で終わってもらいたいものだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/22 21:55 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

最終戦 

いよいよ最終戦ブラジルGPを迎える。
見所はなんといってもタイトル争い、ドライバーズタイトルはフェルナンド・アロンソでほぼ決定的(といってもなにがあるかわからないのがF1だが)、コンストラクターズもルノー有利で最終戦を迎えるがこちらはまだフェラーリの逆転の可能性もある。

長年F1を引っ張ってきたミハエル・シューマッハの最後のレースとなるが、それ以外にも’最後’が目白押し。
今シーズン限りで撤退するミシュランにとっても最後のレースとなるし、アロンソはルノーと、ライコネンはマクラーレンでの最後のレースとなる。

大注目のレースは日曜日、日本時間の深夜に決勝が行われる予定だ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/20 18:54 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

BMWのドライバー 

BMWザウバーが来期のドライバーを発表した。

現在のドライバーラインナップを継続、レギュラードライバーにニック・ハイドフェルドとロバート・クピサ。リザーブドライバー兼テストドライバーにセバスチァン・ベッテルとなっている。

チームを率いるマリオ・タイセン代表は、「われわれは現在のドライバーにたいへん満足していてこれを継続することが2007年シーズンのためにも最善であると判断した。ハイドフェルドは経験豊かで確実なドライバーだし、起用前には一抹の不安もみられたクビサはご存じのように早くも表彰台を獲得するなど傑出した才能を示した。
またまだ19歳のベッテルはF1経験がほとんどないにもかかわらず、すぐさま目覚ましいスピードを発揮してみせた。今後の成長をとても楽しみにしているよ」
と語っている。

これでトップチームはほとんどのシートが確定したわけだが、注目はマクラーレン。フェルナンド・アロンソがマクラーレンへ移籍するが、コンビを組むもう一人のドライバーが未定なのだ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/20 08:44 ] F1ニュース | TB(2) | CM(0)

ライコネン、フェラーリ入りへの準備 

イタリアの新聞が伝えたところによると、ライコネンは来年のフェラーリ移籍に向けて着々と準備を進めているとの事だ。

現在の住居のあるスイスと共にイタリア・ミラノにも自宅を構える模様で、フェラーリとの密接な作業を進めていくのだろう。

現在ライコネンのトレーナを勤めているアーノール氏もマクラーレンとの契約を更新しておらず、ライコネンと共にフェラーリへと移籍するようだ。

またレギュレーションの変更によりライコネンがフェラーリ在籍中のエンジンが今年の日本、ブラジルGPしようになるが、日本でブローしてしまったエンジンについて何も心配していないと話している。

「フェラーリはF1において最も勝利を掴んできたチームだ。特にここ数年はね。何故シューミのエンジンが壊れたからといって、心配する必要があるんだい? 何年ぐらい起きてなかったんだっけ? 6年? じゃあ、僕のほうが彼より多くのトラブルに見舞われてきたってことだよね……」

とマクラーレンへの皮肉も込められたコメントを残している。


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

[ 2006/10/19 23:44 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)

ロリー・バーン 

フェラーリ黄金期を支えたロリー・バーンが2007年から少なくとも3年間はフェラーリに残留することとなりそうだ。

現在はチーフ・デザイナーの職をアルド・コスタに譲り渡した後、アドヴァイザーとしてチームにとどまっているがこの契約が少なくとも2009年まで延長することとなる。

あとフェラーリチームで去就が気がかりなのはテクニカル・ディレクターのロス・ブラウンだ。1年休養するという説がいまだ根強いが、どのような形になるのだろうか。フェラーリチームはシーズン終了後チームの体制を発表すると明らかにしている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/19 23:34 ] フェラーリニュース | TB(0) | CM(0)

フェラーリのノーズ 

1/12 フェラーリ F2004 ノーズコーン レプリカモデル 1/12 フェラーリ F2004 ノーズコーン レプリカモデル
(2005/03/01)
フジミ模型
この商品の詳細を見る


2004年最強を誇ったフェラーリのノーズコーン レプリカモデル。

この年のフェラーリは本当に憎たらしいくらい強くて速かった。確かサッカー選手のゲイリー・リネカーがF1は退屈だ、なぜなら22台の車が走っても一人のドイツ人しか勝たないからだ。といったのも2004年だったような気がする。

商品紹介
フェラーリF1チームの図面を元に厳密に再現された、フェラーリF1マシンのフロントウィング&ノーズのレプリカモデル。イギリスのモデルメーカーAmlgam社の作品。

カーナンバー1がまぶしく輝いている。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/18 23:14 ] フェラーリグッズ | TB(0) | CM(0)

シューマッハの走り 

シューマッハ・コレクション(Amazon.co.jp仕様) シューマッハ・コレクション(Amazon.co.jp仕様)
ミハエル・シューマッハ (2006/10/06)
ユーロピクチャーズ
この商品の詳細を見る


いよいよ今週末のブラジルGPで最後のグランプリを迎えるミハエル・シューマッハ。

賛否両論、様々な意見や感想があることだろうが、彼が歴史に残る驚異的なドライバーだったということを疑う人はいないのではないだろうか。

もう見ることができないシューマッハの走り、じっくり堪能できる必見の映像だ。

内容紹介
オフィシャル総集編2003年から2005年までの3巻とシューマッハがF1チャンピオンとして初参戦したモータースポーツ界異種格闘技イベント「レースオブチャンピオンズ2004年」のDVD。さらに、フォーミュラワン創世記からのオンボード映像を集めた「フォーミュラワンオンボード」まで全5巻 シューマッハが歩んだ栄光の軌跡をイッキに! 今回先着100セットのみの限定販売となります。 また通常セット価格の30%オフ

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/18 23:06 ] フェラーリグッズ | TB(0) | CM(0)

VSトゥルーリ 

2006年フランスGPでのトヨタのヤルノ・トゥルーリとのバトル。

後ろから迫ってくるライコネン、抜きどころのヘアピンでは無理をせず立ち上がり重視のライン取り。その後スリップにはいってズバッとかわす。う~ん知的なオーバーテイクですな。

VSトゥルーリ

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/18 00:04 ] ライコネン動画 | TB(0) | CM(0)

ライコネン、サーカスに登場 

ドイツ語放送のところを見るとメルセデス関連のスポンサー活動の一環であろうかと思われる。

なんともめずらしい映像、ライコネンがサーカスのゲストとして出演。ちょっぴりコミカルな出し物に参加している。

ライコネン、サーカスに登場


人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/17 17:32 ] ライコネン動画 | TB(0) | CM(2)

ルノーのタイトルスポンサー 

ルノーがオランダの金融会社INGとスポンサー契約を結んだことがアムステルダムにおいて発表された。
長年ベネトン~ルノーを支援してきたマイルドセブンがタバコ広告の禁止もあり撤退した後をうけて、INGがタイトルスポンサーになると見られている。

これでルノーのマシンカラーは今年の青黄から変わることになるが、いったいどのようなカラーリングになるのかとても楽しみだ。


またマクラーレンも2007年よりタイトルスポンサーがボーダフォンに変更になることかあら、総帥ロン・デニスは大幅なイメージチェンジをすると明言している。
こちらはF1随一のスタイリッシュチーム、どんな方向性になるのか来年の車の発表が今から待ち遠しい。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/17 17:29 ] F1ニュース | TB(0) | CM(0)

フェラーリが最後のチーム 

海外メディアでの取材に対して、2007年よりフェラーリチームに移籍することになるキミ・ライコネンはフェラーリが最後のチームになるだろうと語った。

ライコネンは他にもシューマッハほど長くF1で長く走り続けることはないだろうとも語っており、並々ならぬ気持ちでフェラーリへと移籍するようだ。


ファンの一人としては、少しでも長く走ってもらいたいが同時にトップドライバーであり続けてほしいと思う。
来年のチャンピオン獲得に期待だ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
[ 2006/10/17 17:24 ] ライコネンニュース | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。